ネットで依頼する場合の注意点

トイレがつまってしまい、自力ではつまりが解消しなかった場合、中でも、トイレットペーパーや紙以外の異物をつまらせてしまったり、長年の使用によって、排水管のカーブの形が変わってしまい、流れにくくなった場合なども、トラブルが起こったら、すみやかに専門の業者に修理を依頼をしましょう。

トイレがつまって水漏れが起こった場合に行うことは、元となる水を止めておくことです。ほとんどのトイレの水道管には、水を止められるように、バルブが付けられています。手ではなく、ドライバーなど工具を使うと止められるようになっています。もし、それでも水が漏れるようでしたら、家庭の水そのものを止める必要があります。

寒冷地の建物のトイレは、水道管の凍結を防ぐために、水を止めることは日常的に行われているため、慣れているという方も多いですが、寒冷地以外の方はあまり慣れない作業となります。あらかじめ、水を止める場所を確認しておくのをおすすめします。

また、ウォシュレットなど、電気を使用している場合には、水漏れのため感電する危険もありますので、修理の前には電源プラグを抜いておくことも必要です。念のため、ゴム手袋など電気を遮断するものを使用してください。