自力でトイレのつまりを解消

自力でトイレのつまりを修理する場合、あると便利なものがラバーカップと呼ばれる道具です。棒の先にゴムが付いていて便器に吸い付かせることで、真空状態を作り、吸引力を利用してつまりを直せる道具です。ホームセンターなどで、手軽な価格で入手をすることが可能です。和式と洋式と分かれている場合は、自宅の便器にあったラバーカップを選ぶようにしましょう。

ラバーカップを使う場合は、つまったものや、水が周囲に飛び散ってしまわないように、あらかじめビニールをかぶせるのがおすすめです。そして、つまったもので水が便器に多く溜まっている場合は、前もって水を取り除いておく必要があります。それでもつまりが解消されない場合は、業者に依頼をしましょう。

ラバーカップの使い方は、便器が排水する場所、最も深い場所にラバーカップを押し付けます。静かに強く押し付けます。そして、なるべく早く、強くひっぱります。何度も行うことによって、つまったものが引き出されてきます。

注意点としては、つまりを押し流すのではなく、引き出すことです。ただトイレットペーパーだけの場合は流しても構いません。またつまっているのに、さらに水を流すと、トイレ以外の場所に水があふれだしてしまいますので、注意しましょう。