ネットで依頼する場合の注意点

トイレがつまってしまい、自力ではつまりが解消しなかった場合、中でも、トイレットペーパーや紙以外の異物をつまらせてしまったり、長年の使用によって、排水管のカーブの形が変わってしまい、流れにくくなった場合なども、トラブルが起こったら、すみやかに専門の業者に修理を依頼をしましょう。

トイレがつまって水漏れが起こった場合に行うことは、元となる水を止めておくことです。ほとんどのトイレの水道管には、水を止められるように、バルブが付けられています。手ではなく、ドライバーなど工具を使うと止められるようになっています。もし、それでも水が漏れるようでしたら、家庭の水そのものを止める必要があります。

寒冷地の建物のトイレは、水道管の凍結を防ぐために、水を止めることは日常的に行われているため、慣れているという方も多いですが、寒冷地以外の方はあまり慣れない作業となります。あらかじめ、水を止める場所を確認しておくのをおすすめします。

また、ウォシュレットなど、電気を使用している場合には、水漏れのため感電する危険もありますので、修理の前には電源プラグを抜いておくことも必要です。念のため、ゴム手袋など電気を遮断するものを使用してください。


専門業者への依頼方法

ラバーカップが自宅にない場合、もしくは、夜中などの理由で、買いに行ったりすることができない場合には、バケツだけでも解決することもできます。

バケツに水を汲んで、なるべく高い場所から、排水口に向けて水を少しずつ流し込んでいきます。水が流れることによって、S字カーブの場所につまっているものが押し込まれていきます。さらに重曹があればお酢と混ぜ合わせることによって、二酸化炭素が発生します。この二酸化酸素の泡で、つまったものを溶かしやすくなることができますので、併せて使ってみましょう。

注意点としては、ラバーカップなどの道具は3分以上は使わないことがあります。長い時間をかけて、何度吸引しても、トイレのつまりが解消しないのは、他の原因が考えられます。また、市販されている排水管用のパイプクリーナーは、お風呂や洗面台の排水溝を想定しており、トイレにつまったものを溶かす効果はありません。さらに、トイレの部品を溶かしてしまうおそれもありませので、決して使わないようにしましょう。

つまった原因によっては、ラバーカップや、バケツだけでは解決をしないこともありますので、その時は専門の水道業者に修理の依頼を行いましょう。


自力でトイレのつまりを解消

自力でトイレのつまりを修理する場合、あると便利なものがラバーカップと呼ばれる道具です。棒の先にゴムが付いていて便器に吸い付かせることで、真空状態を作り、吸引力を利用してつまりを直せる道具です。ホームセンターなどで、手軽な価格で入手をすることが可能です。和式と洋式と分かれている場合は、自宅の便器にあったラバーカップを選ぶようにしましょう。

ラバーカップを使う場合は、つまったものや、水が周囲に飛び散ってしまわないように、あらかじめビニールをかぶせるのがおすすめです。そして、つまったもので水が便器に多く溜まっている場合は、前もって水を取り除いておく必要があります。それでもつまりが解消されない場合は、業者に依頼をしましょう。

ラバーカップの使い方は、便器が排水する場所、最も深い場所にラバーカップを押し付けます。静かに強く押し付けます。そして、なるべく早く、強くひっぱります。何度も行うことによって、つまったものが引き出されてきます。

注意点としては、つまりを押し流すのではなく、引き出すことです。ただトイレットペーパーだけの場合は流しても構いません。またつまっているのに、さらに水を流すと、トイレ以外の場所に水があふれだしてしまいますので、注意しましょう。


水回りに起こるトラブルとは

どんな家にも必ずと言ってよいほど存在し、私たちが日常の生活を送る上で、絶対に欠かすことができないのが水回りです。
水回りの中でもトイレは、トラブルが起こると非常に困る場所です。トイレを使っていると、つまってしまって流れなくなった、水があふれてしまったというトラブルに見舞われることがあります。

トイレがつまった場合、大変慌ててしまいますが、まずは落ち着いてトイレつまりの原因を特定することが大切です。トイレの排水管は、アルファベットのSの字型に曲がっています。この曲がっている部分に物でふさがれてしまうことによって、つまりやすくなります。

つまった原因にはいくつかが考えられます。まず、考えられる原因のひとつが、トイレットペーパーを大量に流してしまうことによって起こるつまりです。また子どもなどが、遊びや、誤ってトイレットペーパー以外のものを流した時にもつまりが発生します。さらに、ご家庭によっては、節水のためにトイレのタンクの中に水を入れたペットボトルなどを入れている方もいらっしゃいますが、このために流れる水が限られることになるため、つまってしまう原因ともなります。

また、原因がまったく分からないというケースもあります。原因によっては、自身の力でトイレのつまりを解決することは可能ですが、むやみに解決しようとせずに、すみやかに専門の水道業者を呼ぶことをおすすめするケースもあります。原因ごとの対処法や、専門業者についてご説明いたします。